病院の規模による仕事の違い

一口に職場を求める看護師といっても看護学校を卒業したばかりの新卒者や子育てのために一度離職しひと段落して再就職を求めている人など様々で、病院の選び方はその人の求める条件によって違ってきます。

総合病院など大きな職場では定期的にいろいろな違った科に移動することもありスキルを身に着けたい人向けといえます。また夜勤があり大抵は三交代の勤務体制なので小さな子供を持つ人よりは独身である方が対応しやすく新卒の看護師向きといえるでしょう。家族がいる人は勤務体制のばらつきや土日祝に休みをもらえないことの負担は大きく、暦通りに休みを取りたい人は入院施設のない個人のクリニック向きといえます。

人間関係に焦点を当てると規模の大きい病院ほど勤務人数も多くまた派閥など人間関係も複雑になります。人間関係の煩わしさを避けたい人は個人クリニック向けといえますが、仕事内容も専門職だけに限らず雑用も求められるなど経営者である医師によって仕事内容も変わってくるようです。給料にも差があり夜勤や残業がある大きい規模の職場の方が高く暦通りの勤務体制になっている小さな規模の職場の方が安いのが一般的です。

このように職場の大きさによって勤務している人数や仕事の内容また勤務体制や給料など違ってきますので、給料だけに注目せず自分が一番働きやすい条件に合った職場を選ぶことがストレスを最小限に抑え長く務めるためのポイントといえます。また一方で、看護師は離職率が高い職業でもあり、求人広告にも良く出ています。同じ職場が何度も求人広告に出ている場合は、離職率が高い可能性があるので注意深くチェックすることが大事です。それを把握した上で、ライフスタイルに合った条件の求人を探すことが重要なポイントになります。転職活動にかけた時間を無駄にしないためにも、職場の選び方には十分気を使いましょう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.