職場選びの効率化

医療現場は人材が不足している現場が多い状況が続いているため、看護師は転職しようとすると職場の候補が無数にあります。地域を限定しても数十と職場が見つかる場合もあるのが実情であり、漠然と求人情報を見て職場を選び出すのは困難です。全ての求人広告に目を通すことすら大変になるでしょう。

そのため、具体的に候補を選び始めるためには、求人広告に目を向けるよりも先に、職場に何を求めるかを明確にしておくことが大切です。現状の職場と比較して何が必要かを考えてみましょう。給料の高さ、時間外労働の多さ、仕事内容、現場の忙しさ、現場人数の多さなどの様々な項目があがってくるはずです。勤務地の近さや医療レベルの高さ、夜勤の有無なども考慮に入れる項目となります。できる限り多くの項目を列挙して、何を優先して職場を決めたいかを熟考することが大切です。特に重要なものを選び出して優先順位をつけるのが次のステップであり、優先順位が決まれば職場選びは効率的に行えます。多くの職場を総合的に見て比較するのは時間がかかりますが、優先順位をつけた上位の数項目にだけ目を向けて選んでいくことで、候補を一気に絞り込めるでしょう。

看護師の転職に際して豊富な候補があるのはメリットですが、職場選びに時間がかかるのがデメリットになりがちです。効率的に職場選びをするために、職場に求める内容を列挙して優先順位をつけてから探し始める方法を実践してみてください。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.