求人票の数字に着目しよう

転職を考えている看護師にとって気になるのが、働きやすい職場であるかどうかです。医療の現場は、看護スタッフにとって必ずしも労働環境が整っているとは限りません。職場によっては、過酷な労働を強いられるケースも存在します。

そういった背景を踏まえて、転職前の職場探しでは慎重に就職先の候補を選択しなければなりません。働きやすい職場を選ぶ参考例として、注目したいのが離職率です。離職率が高い職場には注意が必要です。もし職員の離職者数が多いのであれば、なぜ離職者が多いのかその原因も詳しく調べる必要があります。離職する理由は、人それぞれに事情はあります。もちろんそれは過酷な労働環境であることも原因として十分に考えられます。

また将来に子供を育てながら看護の仕事を続けたいと考えるなら、出産後の復職率の数字も確認しましょう。出産を控えた女性は、一時的に職場を離れなければなりません。出産後に看護師本人は復帰したいと考えていても、復職が難しい職場もあります。このような離職率や、あるいは出産からの復職率の数字は、公にしない医療施設も多いです。一方で詳しい情報を公表し、労働環境の良さに自信を持っている職場は、職場選びの候補に加える価値があります。情報収集や分析の作業には手間はかかります。しかし転職して充実した仕事ができるようにするためには、多少手間はかかっても職場の情報収集は怠らないことが重要です。十分にリサーチし納得して選んだ職場であれば、きっと毎日イキイキと働けるでしょう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.